インテリア家具の木製家具と活用方法

家を建てる際に、最近は、作り付けの家具を製作される方が多いですね。

木製家具に雑貨をうまく使うのがひとつのコツです。雑感の分量が多くなりすぎるとゴチャついた印象の部屋になってしまいますが、アクセント程度に雑貨を取り入れるのもスタイリッシュにまとまります。

木製素材の収納家具やラックには、インテリアグリーンの雑貨がお勧めです。ナチュラルな雰囲気を出している木製家具に優しげな印象をプラスしてくれます。その上、素材感を統一させることで部屋全体に統一感が出てくるのです。

これは、家具や雑貨本来の素材、風合いなどを統一させることなので、なるだけ意識してみてください。それだけでも調和が自然と取れますよ。

それから、YOLK.は木製の手作り感がある家具を取り扱っていて、使い込むほどに味わいある表情が出てくる家具です。

家具を選ぶ際には、素材やデザインなど見た目も重要ですが、なんといっても機能性に優れていなければ使い勝手も悪く、よい家具とはいえませんよね。

デザインというのは、機能性だけでも見た目だけでも過剰なものではなく、余分なものをそぎ落としていってはじめてカッコいい、カワイイ家具が生まれてくるものだと思います。

また、YOLK.は木製のものでも安全な素材を使用したいと考えていて、例えば子供が舐めても大丈夫なものを提供したいと思っています。家具を買う際にはその点も一つの判断基準になるかと思います。これは、食品などを買う際に生産者履歴を開示しているのと同じような感じですね。

 

トップ > インテリアと家具 > インテリア家具の木製家具と活用方法