インテリア家具の中のアジア家具の特徴

アジア家具の特徴は、和室や畳などの和風インテリアにもよく似合います。それは、バンブーのような熱帯・亜熱帯地域産のものをしようしていたり、ラタンやチークなど、天然素材のものを使用していたりするからだと思います。

アジア家具を使っているだけで、どことなくリゾート感覚が漂ってくるような気がします。その上、天然木の手触りやぬくもりが魅力です。
また、木の匂いからリラクゼーション効果や癒し効果が得られてくるのでリゾート感覚でつかう事もできます。

また、北欧家具は細部にまで作りこまれたデザインですが逆にアジア家具は素材の良さを出しそのままストレートに作られているのが特徴だと思います。

アジア家具を一つでも部屋の中におくだけで、部屋の雰囲気を変えてしまうほど個性があるのに浮いたりもしないので、気軽に部屋のインテリアのイメージを変えて楽しむ事ができます。

インドネシアやベトナムを中心とする東南アジア諸国、中国、タイ、インドなどで作られている家具の事をアジア家具と呼んでいます。
日本でも年々人気が高まってきている理由はリゾートスタイルに映えるような涼しげなデザインや、素朴感だと思います。

また、値段も比較的低く設定してあるせいか手に入れやすく、日本のサロンやスパなどではリラクゼーション効果も狙ってインテリア家具として置いてあるところが多いです。

主な素材は、バンブー(竹)、ラタン(籐)、マホガニー、チークなどがあり、色見はダークブラウン系が多いです。
 

トップ > インテリアと家具 > インテリア家具の中のアジア家具の特徴