アジアン家具のインテリアの取り入れ方法

アジアン家具と言ってもタイ、インドネシア、中国、ベトナムなど色々な国のスタイルがあります。
細かく言い分けると色々あるとは思うのですが、きりがないので総称してアジアン家具と呼ばれるのが主流になっているようです。

ご自身の自由な発想や多様性から様々なアジアンインテリア家具類を使って自分らしく心地よい空間作りができればいいですね。

アジアン家具やインテリアを構成する要素にはバンブーやチーク素材のもの、大きめに育った観葉植物類のグリーン、絵画、彫り人形などがあります。
かなり存在感があるものが多いので、部屋に置くだけで雰囲気を変える事ができます。

ちょっと難しいな?と考えている方は、現地のホテルのコーディネートなどをポイントにしてリゾート感、リラックス感を演出してみてはいかがですか?

日本は同じアジアということもあり、アジアン家具は日本の家具とも相性がいいですので、現在お使いの家具にお手軽にあわせてみることができます。

また、アジアン家具は同じ素材でも塗りの回数やメンテナンスの仕方、塗装方法などで色々な風合いをだしますので、その風合いに合わせて選ぶのも楽しみ方の一つだと思います。

また、雑貨などは個性的なものが多いため、一つの部屋にあまり多く置くのはおすすめしません。厳選し、よりアジアンスタイルを引き締めるようにすると家具も引き立ってくるものだと思います。

自分の感性や直感を大切にして、家具や雑貨選びをするようにする事がよりよい空間を生み出す鍵となると思います。
 

トップ > インテリアと家具 > アジアン家具のインテリアの取り入れ方法