家具が好きな方のアンティーク家具の選び方

インテリア家具が好きな人は、家具を買うときに吟味に吟味を重ね、たくさんの時間をかけて一つの家具を選びます。

家具が好きな方の家に入ると、その家具を見るだけでその人がどんな考え方で暮らしているのかが自然と伝わってくる感じがします。
アンティーク家具には、その家具の歴史や生活、背景といった要素もあり感慨深いものがあります。

もちろん新しい家具にも機能や素材など新しいものを取り入れていると言う魅力がありますのでいいと思います!でもアンティーク家具には古い素材や歴史など感慨深い要素もたくさんあり、またアンティークにしか出す事が出来ない味わいなど魅力的です。

アンティーク家具を購入したら多少壊れやすくなっている場合もあります。その場合すぐ捨てないで少しの修繕ぐらいで済むのであれば手入れをちゃんと行って長く使い続けていくのがアンティーク家具を持つ方の心構えではないかと思います。
でも、一つの物を飽きずに長く使い続けるというのはなかなか難しい事ですけどね。

まず、家具が好きな方でもそうでもない方でも、家具を買おうとしているのであれば選択肢の一つにアンティーク家具を念頭に入れてみてはいかがでしょうか?
ちょっとした出会いで伝統ある名品に出会えるかもしれないし、良いものは良いとして評価出きる様になると思います。
そうすれば、長く使い続けるという優しさも出てくるかもしれません。

アンティーク家具を取り扱っているお店に、チャイニーズアンティーク(中国骨董家具中心)を扱っているお店があります。建築家の方が家具や小物を販売しているお店です。
中国の骨董家具というのも興味がありますよね。
 

トップ > インテリアと家具 > 家具が好きな方のアンティーク家具の選び方