風水インテリア、本当の意味

風水は、中国でさまざまな国の栄枯盛衰を調べてきた学者が見つけ出した法則の一つです。

風水は都市、それも王宮を抱える国家の首都となる都市を建設するために編み出された学問です。何年か前に、京都にあった平安京の建設にも風水師が関わっていることが分かったということで、NHKで特集番組をやっていました。


古代中国の知識の集大成である風水の考え方を、町全体の建設に応用するのは、古代都市だからできたことです。

人の密集する現代日本では、風水に従った都市計画など不可能にちかいことですね。そこで、土地や場所を家や部屋の小さな単位に置き換えた風水術が、インテリア風水といわれるものです。


インテリア風水を考える上で最低限の知識としても、風水の基本的な考え方である「五行」について、まず知っておくことが大事です。

五行とは、「世界はすべて五つの要素に分類される」という考え方です。「木」、「火」、「土」、「金」、「水」といわれる、五つの要素によって構成されます。これらの組み合わせをきちんと把握してバランスをとるのが大事ということです。


風水インテリアにしたがって部屋の家具を調えた人が、慢性のけだるさや咳から開放されたなど、様々な改善の報告がされているようです。

風水インテリアで住まいが運気最高になったら、その運気を最大限に取り込むために、私たち自身も前向きな気持ちを持つ必要があります。それでこそ、風水インテリアは本領を発揮できるのではないでしょうか。
 

トップ > インテリアと風水 > 風水インテリア、本当の意味