インテリアコーディネーターが求められている【インテリアで部屋を楽しく】

その昔、すべての人が農業に携わっていた時代には、居住空間はどこの家でも同じようなものでした。これらは、機能性を重視した家だったといえます。けれども最近では、多くの人々が、自分の居住空間にこだわるようになり、インテリアコーディネーターが求められています。

インテリアコーディネーターが通産省に認められる資格であるように、これには幅広い知識が求められています。顧客のライフスタイルや趣味、建築に関する知識も必要です。また、顧客と、建築士、さらに現場監督との間に入ってやり取りをしていく、人間関係をまとめる役割もあります。

インテリアコーディネーターの試験科目には、インテリア商品の販売と基礎知識やインテリア計画と技術の基礎知識があります。見積もりや住宅構造や室内環境などがテーマになっています。これらの試験の合格率は、だいたい二割程度です。最近は以前に比べますます難しくなっています。

インテリアコーディネーターの資格を取ればすぐに仕事が見つかるというわけではありません。インテリアコーディネーターとしてフリーで活躍している人も大勢いますが、インテリアに関する人とのかかわりが大切になってきます。インテリア産業協会などのセミナーに出席するなど人々の交流が大切です。
 

トップ > インテリアと部屋 > インテリアコーディネーターが求められている【インテリアで部屋を楽しく】